« 魚上氷(うおこおりをいずる) | トップページ | 土脉潤起(どみゃくうるおいおこる) »

2016年2月16日 (火)

早くもカエル

毎日、ほぼ一日中トマトと格闘しています。
下葉かきやわき芽取り、蔓おろし、収穫に出荷準備、そして出荷。
今までは何も考えずにトマトを食べていましたが、スーパーの棚に並ぶまでにはこんなにも手間が掛かるということを知ると皿に乗っているトマトが光って見えてくるようです。
今日、トマトのハウスで収穫をしていると視界の端の方で何か大きなものが動いているのを発見した。動くというよりも、飛び跳ねている。驚いて見ると、何とカエルだった。しかも大きなカエル。ハウスの中で冬眠していたのだろうか。それとも冬眠から目覚めたけれども、寒さが戻ってきたのでハウスの中へ避難してきたのだろうか。
恐らく、この時期にカエルを見たのは60年間生きてきて初めてのような気がします。ハウス内には他に誰もいなかったので、何かうれしくてしばらくのカエルを追いかけ回してしまいました。

初蛙トマトハウスで伸びをする

Image_5


« 魚上氷(うおこおりをいずる) | トップページ | 土脉潤起(どみゃくうるおいおこる) »

俳句」カテゴリの記事

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100477/63223030

この記事へのトラックバック一覧です: 早くもカエル:

« 魚上氷(うおこおりをいずる) | トップページ | 土脉潤起(どみゃくうるおいおこる) »